2008/08/12(火) 01:00頃の Amazon 売れ筋【本】

2008/08/12(火) 01:00頃の Amazon 売れ筋【本】 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]


1位 : のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)
二ノ宮 知子 / 講談社 ¥ 420 >>Amazonで詳細を見る

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • なぜRuiがラヴェルのト長調を選んだのか。
    ベートーヴェンのピアノソナタOP.110を作者が選んだ理由。
    のだめが終楽章を弾かなかったワケ。
    最後のミルヒーのモノローグの意味。
    それらのすべてが過去の伏線と絡み合って、すごい深い一冊になってます。
    20巻からこの21巻は、今後ののだめにとってのターニング・ポイントになる予感をひしひしと感じざるをえません。
    必見ですよ。

  • 辛く苦しいのだめの心情がひしひしと伝わってきました。

    のだめがあまりにもかわいそう過ぎる巻です。



    捨てる神あれば拾う神あり?

    シュトレーゼマンは一体何をもたらしてくれるの?

    はや、次の巻が待ち遠しく…待てない!


  • 【作品紹介】

    公演に向けてRuiと練習に励む千秋。

    Ruiが弾くラヴェルは、千秋が思い描いていた音だった。

    それは、いつかのだめと奏でたい音・・・。





    千秋が『すごくやりたいと思っていたことなんですけど・・・

    まだやりたくなかった』ホント、この一言に尽きます。

    読んでいて心がぎゅうっとなりました。

    のだめの行き場のない気持ちは、この先どこへ行くのでしょうか。



    そして、シュトレーゼマンとどうなるのでしょうか。


  • 追いかけても追いかけても、千秋は先に行ってしまう。

    そんなのだめの悲しみと嘆きが、読み手にもひしひしと伝わってきます。



    アパルトマンの仲間やエリーゼ、はたまた夢クラの二人など、ピンポイントで笑いのパートや、懐かしい場面もあるものの、それらを遥かに凌駕して、全体を覆う、のだめの苦悩が暗い影を落としています。



    先行者のレビューにもあるとおり、ファウストの一節が今後の展開を暗示しているようで、あまりにも気になります。この漫画でここまでドラマ性を楽しめるとは、読み始めた頃には思いもしませんでした。

  • いよいよRuiと千秋の共演です。

    一目惚れした運命の曲、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を

    Ruiに取られてしまったのだめ。

    着実に成長を重ねてきてはいたものの、

    演奏を聴いてどうなるかとハラハラしていましたが・・・

    ここまで大きく揺らぐとは!



    Ruiがとても冷静に自分自身とのだめを分析し、

    自分の音楽の糧にしている姿が描かれているだけに、

    それと対比するとのだめがとても切なくて、

    かっこ悪く見えてしまいます。

    Ruiって大人だなあと思いました。

    ・・・部屋はともかく。

    ちなみに、Ruiが語っていることは作者の方が

    言いたかったことらしいです。

    なかなか深いです。



    日本からはるばる、なつかしいあの2人もパリにやってきます。

    この人たちが出てくるとたのすぃ~ですねえ。



    千秋のだめがすれ違い、最大の危機を迎えます。

    そこにからんでくるミルヒー。

    のだめを誘惑する横顔は本当に悪そうな顔です・・・。

    ほかの方も書かれてますが、

    そこに重なるオペラの歌詞が絶妙です。



    音楽と、登場人物の思いがいっぱい詰まった21巻です。

    演奏場面にうっとりして、

    音楽とストーリーのシンクロにどきどきします。

    続きがとっても気になります!









2位 : Cher 2008-09 AUTUMN WINTER COLLECTION [e-MOOK] (e-MOOK)
宝島社 ¥ 980 >>Amazonで詳細を見る

Cher 2008-09 AUTUMN WINTER COLLECTION [e-MOOK] (e-MOOK)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • プチトート目的で買いました。
    まずトートは、写真だけ見て茶色かと勝手に思ってたらカーキーで若干緑です。でも秋色で落ち着いてる為、どんな洋服でもしっくりくるので重宝すると思います。
    生地は他雑誌で付く様なペラペラなものではなく、しっかりした布です。小さくてもマチがあるのでランチトートとしても使える位です。財布やケータイやタオルやちょっとしたポーチなどは余裕で入るので、お買い物に行くとき便利です。

    雑誌の中身も新作の洋服や、アーカーとのコラボ商品(もちろんアクセで可愛いとネットでも評判です)が載ってたり、SHIHOちゃんや鈴木えみちゃんや高垣麗子さん東原亜希ちゃんなどモデルさんもいっぱい載ってて充実しております。
    付録でこの作りはお買い得だと思います。ちゃんとしたモノな上、とっても可愛いので満足です。

  • 最近各誌の特別付録でブームなCherが初めてMOOKを発売ということで、予約購入しました
    勿論お目当ては付録のプチエコbag♪
    プチエコなのでサイズはランチbag程度を想像していましたが、ぴったりそのサイズでした
    実際shopで販売してるエコbagより小さい分、私には使いやすくて嬉しいサイズです
    お色は秋冬ニューカラーと表紙にある通り、カーキにアイボリーのCherロゴとオレンジのハートで、シックだけどやっぱりcuteです
    個人的には大ヒットした通常エコbagのデザインより、こちらの方がお洋服にあわせやすくて好きです
    本の方は秋冬新作とCher好き芸能人&モデル、山崎さんとスタイリストの風間ゆみえさん佐々木敬子さんの対談などでした
    大好きな鈴木えみちゃんが載ってたのはラッキーでした
    お値段もお手頃ですし、エコbagは可愛いのでオススメです
    シーズンごとに発売すればきっと買ってしまいそうなぐらい、お気に入りです


3位 : 嵐5大ドームツアー写真集「ARASHI IS ALIVE!」(CD付)
嵐, 荒井俊哉 / 集英社 ¥ 2,300 >>Amazonで詳細を見る

嵐5大ドームツアー写真集「ARASHI IS ALIVE!」(CD付)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

なし

4位 : O型自分の説明書
Jamais Jamais / 文芸社 ¥ 1,050 >>Amazonで詳細を見る

O型自分の説明書

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 自分の過去の失敗が、そのまま載っているのを発見しては、大笑い。

    また普段お笑いを観るのが趣味なのですが、その好きなジャンルまで当たっていたので驚いたり。

    半信半疑で買ったのに面白いです。これでは本当に外で読めません。 それにしても、他の型のシリーズに比べて食べ物ネタが多いような?

  • 前々から気になっていたこのシリーズ。

    思わず買ってしまいました。

    難しい本と思っていたら全然違いました。

    軽い気持ちで買って、軽い気持ちで読む本です。

  • 本屋で平積みになっているのを見て、自分の血液型なので思わず買ってしまいました。
    この説明書シリーズ、大人気ですね。私は予備知識ナシで読みましたが興味深い内容だなぁと思いました。
    性格判断の本かと思いきや、ちょっと違うのですね。ステレオタイプのO型像を押し付けるような内容ではありません。
    要は(O型らしい思考又は言動を著した)たくさんの項目があって、これは自分に当てはまると思う欄にチェックを付けていくだけ。
    しかし、チェックが付いた項目だけ抜き出せば、簡単な自分の説明書ができるってワケです。
    今度転職する時、レジュメにして履歴書と一緒に出してみたら…。こんなヤツ雇ったら大変だと思われるかも。
    ちなみに私、半分くらいチェックが付きました。それも“それは人としてちょっとどうなの?”という項目ばかり…。面白かったです。
    文章はすごく読みやすいです。占いではないので、当たり外れとか関係なく楽しんで読めば良いと思います。

  • さらっとしていて読みやすい。

    表現が今時の若い人って感じがするが、嫌みはない。

    イラストのタッチや装丁など含め、軽く、力みがないところもよい。

    ところどころで「ガハッ」と笑わされた。

  • 当てはまることもあったり、そうでなかったり。

    俗に言われるO型の性格なら、この本を見ても「ふ~ん」て感じで流してしまえるでしょう。

    そんな浅くないけど重くない感覚の、軽いノリで楽しんで読むのがいいんじゃないでしょうか。

    チェックした項目を見て、自分に納得しましょう。

    それが"O型"というわけでなく、"自分"の説明書の完成なんだと思います。

    挿絵がかわいらしくてちょっと好きになりました。



5位 : 上地雄輔フォト&エッセイ『 上 地 雄 輔 物 語 』
上地 雄輔 / ワニブックス ¥ 1,600 >>Amazonで詳細を見る

上地雄輔フォト&エッセイ『 上 地 雄 輔 物 語 』

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • もお本当にィィ本です!!

    かって損はないです★、

    最近は泣ける本は多いけど,ここまで心があったかくなる本わ雄ちぁんの本だけだと思うょ。

    買ってない人!

    絶対買って★、

  • テレビでの台本どおり演じている「おバカキャラ」は見るに耐えない。

  • 丹波先輩が亡くなった所、黒いページに白ヌキにしてたけど最低なレイアウトだな。

    これで全てぶちこわし。読む気なくすわ。編集は馬鹿か?

  • ブログで読んだはずの尊敬する先輩の死と兄のように慕っていたコーチの話
    知ってる話なのに泣いちゃいます。

    あと雄輔語録が書かれていて前向きになります
    いろんな角度から撮られた雄ちゃんに癒されます。
    2冊買っちゃいました
    保存用と何度も読み直し用の本です

    2冊買う価値ありです

    気になる題名のところを開いて読める本なので 前の話知らなくても読めます


  • 彼のことを、ただの馬鹿だと思っている人にこそ読んで欲しい本です。



    私たちも本来感じているはずなのに、

    心に鎧を着けて感じられなくなっている。

    そういうものに、いっぱい気がつきます。



    「ありがとう」という言葉が、とても似合う本です。













6位 : LEE (リー) 2008年 09月号 [雑誌]
集英社 ¥ 730 >>Amazonで詳細を見る

LEE (リー) 2008年 09月号 [雑誌]

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • キャス・キッドソンの定番プリントとも言える「ブリーチド サマーブロッサム」を使ったポーチ!

    嬉しいことに表面はビニールコーティング加工、内側も白いポリエステルの内布がほどこされていて、丁寧な作り。発色も綺麗です。ハンドタオル3枚が余裕で収まり、使い勝手も良さそうですが、可愛すぎて手垢にまみえるのが忍びなくなってしまいそう。もうひとつキープしたくなります。

    記事の方も、海外インテリアルポやパリスナップ特集など、すぐに応用が効きそう。ありがちな企画ですけれど・・・

    思いがけず嬉しかったのは、「てづくり手帖」のページで、荷造り用麻ひもで編むマルシェバッグの作り方が紹介されていたこと。素朴でキュートなデザインに久々、手芸心が刺激されてしまいました。



7位 : 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
J. K. ローリング / 静山社 ¥ 3,990 >>Amazonで詳細を見る

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • それまで張られていた伏線に関し、全てを明らかにしている点や、主要人物のその後も描かれているなど、最終巻として、問題のない内容になっているとは思います。

    ハリー、ロン、ハーマイオニーの感情のぶつかり合いは今回もありましたが、これも成長した証であり、想定の範囲内。むしろ、ハリーと周囲の人々との心のつながりがきちんと描かれているところに感動すら覚えました。

    また、最終決戦のシーンは活字でもかなりの迫力。ただ、最終巻全てに渡って、今までになく多くの主要人物の死があり、大きな悲しみに包まれます。

    第6巻を読み終えた時点で、私が一番気になっていたのはスネイプなのですが、この最終巻で謎が明らかになり、納得のいくエンディングでしたね。



    ただ、星1つ減らしたのは、文章が今までの中で一番読みづらかったから。

    夢中になって読み進めていたのですが、なかなか先に進めることができず、イライラしていました。

    (これは訳のヘタさなのか、はたまた重苦しい雰囲気を持つストーリーのためなのかは、原書にチャレンジすればわかることなのかもしれませんね)

  • やっと最終回か。もう飽きたよ。

    頼むから新ハリポタとか続編なんか作るなよ。

    GOODLUCK!!BABY!!

  •  ハリーポッターが日本語訳され、初めて出版された時から常々言われていることだが、

    松岡氏の、まるで高校生が英語の教科書を訳したかのような文章が作品の雰囲気を損ねている。



     「児童書」として割り切っているのかもしれないが、それにしても語彙が少なく、似たような表現が繰り返され、英国独特のジョークも巧く訳せていない。

    また工夫を凝らそうとして、イラストを随所に入れたり、大げさにおどろおどろしい字体に変えたりしているが、

    結果、日本語?カタカナの丸文字で墓碑銘が刻まれている洋風の墓石や魔法具の安っぽいイラストが随所に出現するので、

    一種のシュールさを醸し出すまでになっている。



     ただ、最終巻は原作にも少し手落ちがあったように思う。

    終始バタバタとした感じで進み、ハリーが誰をも理解しようとせず、ひたすら自分を理解してもらえないと叫び、誰かを怒鳴りつけ、誰かを罵り、自分の世界で迷走しているだけだったというような印象を受けた。

    彼の価値観が目まぐるしく変わるので、軽率で軽薄な性格に思え嫌悪感すら持ってしまった。



     また、この度の最終戦争では、敵味方多数死亡するが、彼らの死の多くは何をハリーに与えるわけでもなく、

    その家族や近親者がひたすら悲しんで、それで「終わり」なのである。

    彼らのことはそれ以上書かれることはなくポイと使い捨てされたような印象が拭えない。



     後日談でもハリーの近況以外のことは殆ど書かれず、

    ありきたりなハッピーエンドの裏で、今まで壮絶に生き死んだキャラクターの多くは語られることはない。

    1,2巻のミステリー小説のような緻密なストーリー構成、説得力。そういったものが滑り落ちてしまったようだった。

  • なんだか矛盾してるような話とかもあったり

    複雑で混乱したりしましたが・・・

    でも、とても夢中になって読みました。

    スネイプがあの人が好きだったんだろうとは知っていましたが、読んでいて改めて泣けてきました・・・。

    スネイプは誰にも悲しまれることがなかったかもしれませんが、最後の章を読んで少し安心しました。

    でも、とても悲しい死がありました。泣きましたねー

    感動で泣けたのはパーシーのところですね。



    感想を言うとキリがないです。

    とにかくハリー・ポッターとJ.Kローリングさんに感謝です。

    私が読書をするようになったのはハリーのおかげであり、これ以上の本は今まで読んだことありません。

    これからもないかもしれません。

    なぜか、ありきたりな場面であっても感動が他の本とは違いました。

    登場人物の成長や勇気が嬉しかった。

    読んでいて楽しかった。

    こんなに複雑で登場人物に愛着をもった本は初めてです。

    こんなにも本の中で人が死ぬことが悲しかったのも初めてです。

    もう、皆に会えないと思うと悲しいです。

    ありがとうございました。



    愛と勇気と選択の大切さを忘れません。

  • 夜に読んでいて止まらなくなり、

    気がついたら朝になっていました。

    完全徹夜なんて何十年ぶりでした。



    それほど

    夢中にさせる何かが

    この作品にあるのだと思います。



    いろいろな伏線が明らかになったので

    改めてはじめから読み返してみるのも

    楽しそうです。







8位 : DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 23巻』
赤松 健 / 講談社 ¥ 3,570 >>Amazonで詳細を見る

DVD付き初回限定版『魔法先生ネギま! 23巻』

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 限定版の内容↓
    魔法先生ネギま!23巻
    赤松先生書き下ろしOAD収納BOX
    アニメ第1話「ネギま部(仮)増殖中」
    原作版「朝倉和美」パクティオーカード
    が付いてきます(*'∀`*)
    アニメ主題歌は「ハッピー☆マテリアル リターン」です。
    もう是は買うしかない!


9位 : PLUTO 6?鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (6) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹 / 小学館 ¥ 550 >>Amazonで詳細を見る

PLUTO 6?鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (6) (ビッグコミックス)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 人造人間もしくは新造人間として、登場するロボット達を定義して読むと手塚マンガの原作と浦沢マンガの凄さが良く理解できる気がする。原作を知っているけど浦沢マンガの魅せ方が面白いので次巻も当然購入予定です。しかし読んでいると感じる寒々しさが凄すぎる。子供達には理解できないだろうけど。

  • 真剣に根性決めて読みましょう。これは現実です。今こうしている間にも救いようの

    ないバカ(言葉じゃ表現できない蔑みを感じます)がなんの罪もない子供の

    頭の上に爆撃機で爆弾をおとしてます。暖かい家族の暮らしや将来をうばって

    います。爆撃機のボタン一つで。

    オイルの利権争いなのか、選挙対策なのかは知りたくもありません。

    いくらお金をもてば満足なのでしょう?高級料理を山ほどつまれても食べきれない

    のに、それすらわからない低能のごとく、武力制圧を続けています。

    こんな世界でアトムは目覚めることはないのでしょう。

    アトムが目覚めることができる時代がくればいいのになあ。

    読んで、号泣しましょう。




  •  オリジナル版「史上最大のロボット」がアニメ化されたとき、ストーリーを知っている多くの子供たちから「プルートウを殺さないで」と手紙が寄せられたという。今回のリメイクも、ゲジヒトの運命がある程度決まっているだけに、彼の内面が描かれれば描かれるだけつらい。ゲジヒトを殺さないで…と思いながら読む殉職シーンは、悲しかった。

     さまざまなジグソーピースが、一つにまとまりはじめた。

  • 迫真という印象です。文句なしに面白いです。アムステルダムの運河の隆起するカットが不気味で見事だと思います。脳裏に焼きつくような絵が素晴らしいと思います。何本にも弾かれた伏線が、遂に結びつく時、ゲジヒトは最期を迎えます。人間の道具として利用されるロボット達。今の不穏な社会情勢を照らし出しているようにも思えます。

  • 登場人物に肩入れしすぎていたせいか、

    この巻の展開はほんとうにショックで

    (って言っても、手塚作品の方を知ってれば当然の展開なんだけど)

    何度も読み返してしまった…。

    で、読み返せば読み返すほど、

    ささいに思えるエピソードがあまりに切ない。



    1巻の「ノース2号」ときも思ったけど、

    いや、それ以外のロボットたちに対してもだけど、

    「どうにかして彼らの『魂』を救ってあげる事はできないだろうか?」

    と、本気で思っている自分がここにいる。

    …ああ、肩入れしすぎている。



    浦沢作品は『MONSTER』以降からひととおり読んでるけど、

    これは、切なさでいったらずばぬけてる。自分、泣きすぎ。


10位 : Newtype (ニュータイプ) 2008年 09月号 [雑誌]
角川グループパブリッシング ¥ 620 >>Amazonで詳細を見る

Newtype (ニュータイプ) 2008年 09月号 [雑誌]

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

なし


>> FC2 Blog Ranking へご協力下さい。

Powered by AWS (Amazon Web Services) and Amazon Associate Program.

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bsia.blog93.fc2.com/tb.php/29441-4ce1f612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。