2008/08/08(金) 13:01頃の Amazon 売れ筋【時計】

2008/08/08(金) 13:01頃の Amazon 売れ筋【時計】 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]


1位 : CASIO wave ceptor 電波目覚し時計 DQD-70J-8JF (福島・九州両局対応) カレンダー表示
カシオ ¥ 2,100 >>Amazonで詳細を見る

CASIO wave ceptor 電波目覚し時計 DQD-70J-8JF (福島・九州両局対応) カレンダー表示

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • なぜかいまだにアマゾンでは売ってないんですが、DQD-80Jの方が表示画面が広いし、

    温度表示があるのでお得だと思います。手元での温度表示があった方がエコにいいですし。

    DQD-80Jは家電量販店で千円以下の同等の値段で買えると思います。

    もちろん電波です。

  • 値段だけで購入しました

    電波時計で目覚ましになるものならなんでもいいと思って即購入

    今現在毎日活用してます

    スヌーズ機能もあるので普通に使用されるなら充分かと思います

  • 買ってよかったです。



    まず形がいいです。

    デジタル置時計といえば、テレビと同じく薄型が多くて

    枕元に置くにはバランスが悪いものばかりなのですが、

    これはアナログの目覚まし時計と同じくらいの厚みがあって

    とてもバランスがいいと思いました。



    液晶画面は小さいのですが、頻繁に時間を確認するものではなくて

    目覚時計としての利用なので、これで充分です。

    それに布団に寝転んでいるときに時間を確認する程度なので

    枕から30センチも離れてないので小さくても大丈夫だと思います。



    普通の時計としてはあまり優秀ではありませんが、目覚まし時計としては

    値段も安くて操作もしやすく、デジタルなので秒針の音も気にならず、

    電波によって時間も正確なのでとても優秀だと思います。

  • 目覚まし時計が壊れたので、値段が安く、電波時計ということで購入しました。

    チープさもありますが、値段のわりに非常にいいかいものをしたと思います。


  • 実際にアラーム音が味気なかったり、左側のスヌーズのスライドスイッチが平たんで押しにくかったりするが、1000円で目覚まし時計を買うならこれで充分だと思う。



    今までアナログの目覚まし時計を使用していたが、いつもと違う時間にセットする時などうっかり長針のつまみをいじってしまう事が多かったので、電波時計にして便利になった。



    アラームをセットするのが手間だというレビューも有るがボタンを押し続けるだけでできる。

    アナログはもっと面倒だ。


2位 : CASIO (カシオ) 腕時計 スタンダードウォッチ AW-80-1AJF メンズ
カシオ ¥ 3,150 >>Amazonで詳細を見る

CASIO (カシオ) 腕時計 スタンダードウォッチ AW-80-1AJF メンズ

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • パッと見ただけで時間がわかるアナログと、日付&曜日表示、ストップウォッチ、タイマーと、欲しかった機能がそろっていて、大満足です。シルバー塗装の部分が黒かったらより好みだけど、この値段でこれだけの実用性があるので、文句言ってはいけませんね…。

    軽くてベルトも薄いので、邪魔にならない点も良い。

  • 先週買ったばかりなのにアナログ指針壊れてました!

    限りない数の不良とは思いますが、壊れる可能性のある品質維持管理がこの程度であるというのは問題ですね!



    早々にクレーム出しますがこれさえ壊れてなければ値段的には最高の時計です

  • 送料込みで1980円で購入。本体の金属の部分がアルミのようだしバンドも高価な時計に比べてちゃちいが、軽くて操作も簡単。カレンダー、デジタル、ストップウォッチ機能の操作が楽。電池寿命約10年なのでバックライトを酷使しなければボロボロになっても使えると思う。ただし、アナログ部分の時間あわせが面倒だったので、海外旅行の時にワールドタイムを使おうと思う。また、この時計は秒針が無い2針タイプ。デジタルで表示されるのだが秒針にこだわる人には向かないだろう。

  • 欠点は短針が離れて少し見づらいのと、長身が20秒ごとで大味であることか



    それ以外は文句無し。デジタル時計にもなり、時間も合わせやすい、機能がなかなか豊富であることなど、すばらしいです

    まぁパッと時を知りたい時なんかは、デジタルの方に頼るため、アナログは飾り程度カモ?



    それでもオススメの一品です



3位 : CASIO 目覚し時計 TQ-645-8JF アナログタイプ
カシオ ¥ 3,150 >>Amazonで詳細を見る

CASIO 目覚し時計 TQ-645-8JF アナログタイプ

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 写真以上に現物見るとどっしりしてます。

    デザインも良いです、部屋飼いしてからデブになった

    Gショックみたいで・・・。

    これはこれで充分にありありです。

  • 実際に枕元や手の届く場所に置いて、目覚まし時計として使ってみた感想としては非常に良い買い物をしたなと思いました。

    結構な大きさがあるのですが、それに恥じない大音量のベル音が鳴るのでほぼ一発で起きれます。あとベルを鳴らす押す場所がライトアップになっているので絶対に必要とは言えませんが、電気を消した部屋でも時間を確認することができますし、なによりもお値段が安いので、しっかりと置けるタイプで音量がでかく低コストという点では一番お勧めできる商品です。

  • SLEEP BUSTERの名に恥じない大きな音が出るので、目覚まし時計としての用途という観点で評価するなら★5です。

    しかし、写真ではわかりにくいのですがかなりの奥行き(13cm程度)があるので、サイズという観点では★3です。

    生活環境にもよるでしょうが、秒針の音は気にならない程度です。私の生活環境では周りの騒音のほうが大きいので秒針の音は全く聞こえませんでした。

    時計面全体が光るタイプではありませんがライトも一応ついています。

  • 写真の大きさより少しだけ大きいです。

    音わスゴイ良い音します(五月蝿くて起きやすい

                ↑(うるさい)

    あと単二電池が1個だけというのもびっくりしました。

    箱あけたら1個電池がついてありまして、あれ一個でいいんやなぁ・・・っておもいました。

    だから別として電池を買う必要わないと思います(テスト用っぽいので買ったほうがいい)

    あとわまぁ針や背景が光ったらよかったとおもいます。

    上のボタンを押すとライトが点灯します

    デザインわもう少し小さければよかったと思います。


4位 : CASIO (カシオ) 腕時計 OVERLAND オーバーランド ソーラー電波時計 OVW-110DJ-1AJF
カシオ ¥ 22,050 >>Amazonで詳細を見る

CASIO (カシオ) 腕時計 OVERLAND オーバーランド ソーラー電波時計 OVW-110DJ-1AJF

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 実用的な上に、シンプルでいいです。

    他の製品のような、ごちゃごちゃと機能のついているモノよりも、シンプルで機能美を感じさせる腕時計です。

    大きさも、それほど大きすぎないと思いますし、むしろ存在感がありいいモノだと思えます。



    あと、やはり買うなら、電波&ソーラーは外せないですね。

    一度電波時計使うと、普通の時計は買えないですよw

  • 購入動機は「男っぽいソーラー電波アナログ時計で低価格」を見つけたということです。

    1年間毎日、就寝時も装着するほど気に入っています。

    視認性がよく、仕事中に時間を確認する際安心感があります。また出張の際も頼れるパートナーとなっており、電車・飛行機の乗り換え時間・待ち時間にも落ち着いて対処出来ます。




  • 今まで、いろんな時計を買いましたがこの時計が一番使いやすい。

    手巻き時計は、微妙に狂う  それが良いと長年使っていましたがね



    軽い 老眼でもはっきり数字が見える そして狂わない。一生モノですね 

  • アウトドア、バイク運転時タフな使用環境に使用しています。ぶつけても傷つけても安心ですし。絶対な正確性は驚きます。放送、株取引市場、教育などのシビヤな時間要求にも役立ちます。デザインも秀逸ですが写真で気づかなかった左右のでっぱりがやや大きく星1つ減点です。まん丸だったら良かった。普段はカルティエの高級時計をしていますが割り切り使いではお勧めです。

  • 写真で見るより、実物はもっと高級感がありますよ。ステンレス側ですが、つや消し加工が施されているので、パッと見はチタンぽいイメージ。文字盤の数字が太く、大きく、視認性は抜群です。またその数字や長短針には夜光塗料がたっぷり。けっこう長く光り続けてくれます。LED照明は電力消費が多いので、ソーラー時計の場合、私はネガティブ。フルオートなんて、もっての他だと思うのです。とにかくこの時計、抜群の視認性と質感で、とても気に入っています。100グラム超で、やや重いのが玉にキズですが、それもまた「存在感」ってことで。


5位 : CASIO 温度計つき薄型デスクトップクロック DQ-735-8JF
カシオ ¥ 2,100 >>Amazonで詳細を見る

CASIO 温度計つき薄型デスクトップクロック DQ-735-8JF

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 届いてみて想定してたよりちょっと小さいかなと思いました。



    でも、時刻の文字もそれなりに大きいので、枕元に置くぶんには不便はありません。



    他の方も書いていますが、電波時計ではありません。ただ、デジタルですからそんなに極端には時間は狂わないと思います。



    内枠のシルバーの部分を押すと文字盤全体にライトが照らされます。

    これは、寝ていて真っ暗なときに時間を確認する際に非常に便利です。



    かなり安いですし、オシャレですから、個人的には満足です。

    ただ、安いですから、見かけはオシャレでもそれなりに安っぽいことは否定できません。

  • 同じくらいのサイズが並んでいる中でいちばん目を引いたので購入。

    後で電波時計でないことに気付きました。

    他のが全部電波時計だったので勝手に思い込んでいました。

    でも製品自体はちょっと置きにはオシャレっぽくて良です。

  • 普通のデジタル時計に、温度計がついた置時計です。

    タイマーは寝たら絶対に起きれないくらいの音です。

    ですがもともと何時までは何かをやる!ってくらいの目的でのタイマーだと思うので、そこら辺は自分が何に使うかで購入をするか決めたらどうでしょうか?



    安くて小さいですし、勉強机や仕事机に一つあってもいいんじゃないかな?って感じです。


6位 : CASIO (カシオ) 腕時計 G-SHOCK タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 AWG-101-1AJF
カシオ ¥ 24,150 >>Amazonで詳細を見る

CASIO (カシオ) 腕時計 G-SHOCK タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 AWG-101-1AJF

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 1 アナログ好き!

    2 ソーラーで電波

    3 1万円台・・・

    4 かっこいい・・

     以上の理由で購入しましたが、私の好みのデザインは

     「クロノグラフ系」でしたので、購入時こそ感動しましたが

     現在は、ややトーンが下がりましたので「☆☆☆☆」です。

      しかし、この機能でこの価格は類するものがないでしょうから

     外仕事でガシガシ使用する方には良いと思います。

     同等のスペックですと

    1 GW-1500J-1AJFや、2 AWG-500J-1AJF

     などもありますので比較してみてはいかがでしょう?

  • G-SHOCKの中ではデザインが逸脱していると思いました。



    デジタルが好きにはなれない人にはぜひおススメです。

  • G-SHOCKの購入は初めてだったのですが、

    カッコイイし、大満足です。

    機能は、多くは無いけど十分ですね。

    ちょっと欲を言いますと、LEDが暗いです、液晶部も光って欲しかった。



    でも、お勧めです。

  • Blackの美しさが際立つ反転液晶の上を横切る短針のRedがとても映える、という綺麗なコンビネーションが目を引き付けてくれる時計です。

  • デザインと機能性のバランスがすばらしいです。

    デジアナというと野暮ったい感じがしてイマイチ好きになれませんでしたが、コレはそんなことはありませんね。

    機能面ではやっぱりLEDライトは便利です。

    アンバー色で視認性が良く、ちょうど6時部分から照射される仕組みになっているので、それが目印となり瞬時に針位置を把握しやすいという利点もあります。

    難点は反転液晶が若干見えづらいことくらいでしょうか。


7位 : CASIO (カシオ) 腕時計 G-SHOCK タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 GW-M5600-1JF
カシオ ¥ 21,000 >>Amazonで詳細を見る

CASIO (カシオ) 腕時計 G-SHOCK タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 GW-M5600-1JF

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • ずっとGW-5600系の電波時計が欲しかったのですが、この時計が紹介されている雑誌を見て初代を踏襲したデザインに惹かれ、すぐに購入しました(到着まで1ヶ月以上待たされました)。



    実物を実際に持ってみると、ケース厚が予想以上に薄いのでスーツを着ていても気にならず、結果的にほぼ毎日使用しています。



    衝撃にも強く水で丸洗い出来るので、夏場でも気を遣わずに使用出来るのも良いです。私は元々機械式時計が好きなのですが、夏場での使用には気を遣いますのでこの点は素晴らしいです。



    他のレビューにて「愛知県に在住ですが、まったく電波を受信しません。」という方がいらっしゃいましたが、愛知県名古屋市東部にある我が家では幸運(!?)にも毎日電波が受信出来ています。但し、仕事で静岡県に出張する事があるのですが、静岡県では電波の受信に失敗します。この点はいただけませんね。



    その他の不満点としては、私は時計表示はシンプルなのが好みなので、“RCVD”という電波を24時間以内に受信したという画面左上の表示はアルファベットでなく電波塔とかのマークの方が個人的には良いと思います。



    この他には不満点はありません。早くも時計バンドに傷が少々ついてしまいましたが、長く愛用していきたいと思わせる良い時計です。

  • カジュアルな電波時計がほしく、すっきりとした感じで曜日・日付も一目で

    見やすいこの製品を購入しました。明るいところでも見やすくデザインもとても

    満足しています。



    ただ、当方愛知県に在住ですが、まったく電波を受信しません。自動受信を

    ONにしていますが一度も受信しません。手動受信もあらゆる場所(家の窓際、

    ビルの上層、山の上などなど)で試みましたが毎回ERRマークが出ます。

    電波送信所の位置を説明書で見てみるとたしかに愛知は2本ある送信所の真ん中

    に位置していてどちらからも近い位置にありますが・・。

    電波受信の最終更新日を見てみるとネット購入して店から発送した日付に

    なってます。おそらくその店か配送中に受信できたんでしょう。



    いまはただのソーラー腕時計として使ってます。なので1ヶ月に10秒程度

    ずれていくのを定期的に時報であわせています。これなら他の電波時計でない

    同じような時計が数千円も出せば買えたと思うと少し損した気分になります。

  • 時計は好きでソーラ時計と電波時計はいつか買おうと思っていました。最近のカシオはどうかなと久しぶりに検索したらこの時計を見つけまさにソーラと電波時計両方兼ね備えた上にこのデザインとこの値段で速攻注文しました。今手元にありますが大きさといい視認性といい満足のいく良い買い物しました。特にデジタル数字の太さが気に入ってます。

  • 現在はDW-5000-1JFを使っているのですが

    時代の流れでソーラー電波に替えようと

    購入しました



    が、

    使っておりません



    理由は

    自分は腕が細いので

    スクリューバックだとその厚さで

    しっくりきたのですが



    パネルバックで最薄っていうのが

    アダになって余分のベルトがビロンビロンでした



    タンスの肥やしには

    余りにも高価な買い物になってしまいました

    (*_*;



    後記

    結局、オークションで処分しました

    さよならM5600


  • DW-5600を10数年使用し、ライトが暗くなりアラーム音も小さくなったので電池を交換しようかと思い立ちました。

    これだけ愛用していたので買い換える気は特になかったのですが、いい年して未だにアメ横で7千円くらいで買った腕時計をしていることに妻をはじめ周りの視線がちょっと気になり、最近のG-SHOCKはどうなっているのかとCASIOホームページを見るだけ見てみました。

    そしてなんとDW-5600「系」なるソーラー電波時計というものが出て、今度は1万円以上することも知り(ちょっとだけ見栄をはれるかなと)、早速amazonで購入しました。

    「早速」のつもりが1ヶ月待たされ、ようやく使ってみた感想が以下です(DW-5600との比較)。

    まず、液晶視野角が狭くなっています。「ちらっ」と見る際、同時に手首を少し動かさなければならないのが最初気になりました。

    ですがそれが暗い時の自動発光させる動きに近くなるので(なんだかちょっと悔しい気もしますが)手首を動かすクセがつきました。

    ELバックライトは初代と比較にならない視認性の良さですが、色は「青緑」というより「緑」です。

    液晶周りの文字表記が以前はセンタリングされて左右対称の美しさがあったのに、これは上下とも左右に分断され「四分割」になってしまっています。

    時計の「顔」でありしかも既存モデルのリファインなのでデザイナーはもう少しロゴや必要な表記のレイアウトに努力して欲しいものです。

    以上が悪い点、他は良い点が多いです。

    英国在住なのでホームタイム設定の必要がありましたが、単純に時刻合わせをしようとすると選択肢が都市名表示され取説を読まなくても簡単でした。

    (日本より曇りがちだからか?)普段使いだけだとフル充電にならず表示はMの位置、置いておくとパワーセーブになっていますが、毎朝腕にはめると特に支障なく機能します。

    届いた初日だけ手動で電波受信を試しましたが時間かかるのですぐに飽き、それ以降 放ったらかしですが毎日勝手に受信しています。

    駅の時計と秒まで同時なのはちょっと気持ち良いです(電車が定刻に来るかどうかは別ですが...)。

    慣れないサマータイムに対応しているのもありがたいです。

    仕事でストップウォッチ、カウントダウン機能を(DW-5600同様)重宝しています。デュアルタイムだったものがワールドタイムになってアジア各地と連絡取る際にも便利です。

    あとは出張先などで地図を見る時、方位磁針がついていると完璧なんですがこのためには Pro-Treck を買わないとでしょうか?気圧や高度を知る必要はなく、いかにも「アウトドア」な見た目がちょっと...。

    機能以外の魅力として、ソーラーパワーによる充電、電波受信はさらに昔、愛着を感じた自動巻き時計に似た何かを感じます。

    ただこれは自動巻きほど世話しなくて良いのでそのうち忘れてしまうかもしれませんけど。


8位 : CASIO (カシオ) 腕時計 デジタルウォッチ A164WA-1 メンズ
カシオ ¥ 4,095 >>Amazonで詳細を見る

CASIO (カシオ) 腕時計 デジタルウォッチ A164WA-1 メンズ

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 普段は200g前後のステンレスの時計をしています.このカシオは50g程度と軽く、快適です.しかも、値段と軽さの関係が”適切で”**万円もするチタンなのに(なので?)軽くてありがたみが少ない、ということもありません.バックルはとてもシンプルですが、機能上問題なく、通常のメタルバンドの三折れの板が手首にあたるような感覚がなく、これもありだと思います.若干ベルトが固く、小さい円弧を描きにくい感じがあります.そのため、腕にしなやかに巻き付くというよりは、勝手なカーブを描いている印象があります.とはいえ、時報、タイマー、アラーム、秒のゼロ合わせ等、あったらいいなと思うものがほとんどついています.あとタイマーがあれば文句なしです.

    唯一、このモデルにしてよかったか躊躇する点は、本体があまりにもプラスチックにメッキをかけ感じがする点です.

    樹脂成形の面が若干波打っていて、しかも、角に丸みがあります.表面に鏡面状のメッキがかけてあるので、よけい面の波打ちが目立ちます.何かに摺ったりして、地の樹脂が見えると、より見劣り感が高くなりそうです.ほんの少し高くてもいいので、ステンレス打ち抜きのボディがあったらよかったと思っています.店頭でそのプラモデルっぽさを見ていたら、購入していたか多少疑問があります.

    とはいえ、これでいい、これもあり、と思わせる、”殿堂入り”に値する機種です.★4.5~5です.一つ持っていていいと思います.

  • 私事で誠に恐縮至極であるが、私はこのカシオ社製のデジタル腕時計を観ると涙で目がうるんでくる。
    若き日のまだ分別のつかなかった中学生の自身と、故郷でのまだ元気で生きていた両親がいる薄汚れた居間の光景が走馬灯のように網膜に映し出される。
    この腕時計は、三十年ほど前に私が中学生の頃に存在した物と寸分違わない仕上がりである。デザイン、文字版の配列、ステンレス製の軽いバンドは懐古趣味の人間を唸らせるには充分である。
    七十年台に初めてデジタル腕時計(コンシューマー用)がこの世に登場し、少年だった私は憧憬の目で父親のデジタル腕時計を触り、眺め回していた思い出がある。まだまだ、出始めのデジタル腕時計は子供には高価で手に入らなかった。
    針(アナログ)が当たり前だった時代に、突如として出現したデジタルは時代の変遷を感じさせたものである。近未来的というのか、スマートで知的なイメージがデジタル腕時計には確かにあった。
    時代は変わり、針の人気は依然根強いものがあり、ロレックス・オメガ・セイコー・カルティエ等々老舗高級時計メーカーがすぐ巻き返しを図り、現在に至っている。
    針が高級品、デジタルは安価で幼児でもはめてる手軽な腕時計というイメージが定着した感がある。
    私は、平成も二十年も過ぎようというこの現代に、一見時代遅れにみえるこの腕時計に哀愁を感じる男である。
    今時、大の男がデジタル、ノンソーラー、ノン電波、二千円でお釣りがくる廉価な腕時計をはめて労働している。
    足るを知る本物指向の大人のみが腕にはめるこの腕時計を私は愛してやまない。

  • 15年ぶりに見つけて懐かしくなり、再び愛用し始めました。

    今は電波時計が普及し、携帯電話の時計も正確なので時刻を合わせる基準時計は身近に一杯ありますし、このデジタルは特に時刻合わせが容易なのでわざわざ分厚い電波時計をはめる必要は感じません。



    表示は老眼にも大変見やすいし、デザインもシンプルなので大変気に入っています。

    この値段で買えるのは嬉しくなります。



    私のお勧め逸品です。

  • ラジオはソニー、モーターと蛍光管は日立、センサーはナショナル(家電部品は松下)、液晶はシャープかサムソンというように、アナログの服部時計店(セイコー)、デジタルではカシオと言うだけあってけして安かろう悪かろう製品ではありません。

    (一度使えばわかります。)

  •  愛用しているのは自動巻きか手巻きなのですが、いずれも大きく重いのが難点でした。たまに気軽な気持ちで外出したいときは、クォーツ式は便利です。

     クォーツ時計はいまや100円ショップでも売っていますが、仕上がりはあまりよくなく、やっぱり有名メーカーのものがほしい。そこで選んだのが本機です。

     本機のよい点は次のとおりです。

    (1)仕上がりが美しい  クロムメッキされたケースは高級感を感じさせます。さすがカシオ。

    (2)デザインがシンプル  適度な厚みと重さ。普段使いにもってこいです。

    (3)手ごろな価格  2,000円でお釣りがくるという実売価格は魅力です。

    (4)充実機能  自動巻きや手巻きにはあまりないストップウォッチやアラーム機能が当たり前のようについているのは、、デジタルクォーツの利点です。特にストップウォッチはカップラーメンの時間を計るのに重宝しました。

     これほどの美点があれば、仮に欠点があったとしても無視できます。普段使いの時計としては言うことなしです。本機とやや似ているデザインの時計で、黒色プラスチックのものとゴールドメッキされたものがありますが、これらも使ってみたいと思います。


9位 : CASIO (カシオ) 腕時計 G-SHOCK タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 GW-M5600BC-1JF
カシオ ¥ 25,200 >>Amazonで詳細を見る

CASIO (カシオ) 腕時計 G-SHOCK タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 GW-M5600BC-1JF

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • プロトレックも所有していますが、時刻の視認性はプロトレックに軍配が上がります。



    デザインはとても高級感があり、品もあります。



    ただし、液晶画面が見えにくく(慣れてないだけか?)、ちょっと不便ですが、それ以上にカッコイイので使っています。



    電波の受信状況は良好なので、今のところ満足しています。

  •  カシオのクロノタイプ以外は総じて軽いのですが、この軽さと手首へのフィット感は最高です。このタイプ最薄なので、厚さもそれほど感じません。このGのバンドはメタルと樹脂が交互に連結しているのですが、樹脂のみのバンドより丈夫そうです。問題は視認性の悪さでしょうか。反転液晶なので、ある特定域の角度からしか文字が見えません。おそらく周りの人からは「文字のない真っ黒な時計」としか見られないかも。自分しか見えない時計ですが、所有欲は十二分にあり満足しています。

  • *以外に重い。*バックライトが1.5秒しか点灯しないため日付と時間を同時確認不可。*電波受信困難。車内、ビルそば、テレビそば、山付近はダメ。毎日自動受信しない。*ベルトのデザインが悪い(網柄)。ゴムじゃないのでベルト長さ調整要。


  • 針が何本もあったり目盛りがやたらと打ってあるアナログ時計よりも、ずっと落ち着いていて、ぱっとみた感じではG-Shockと思えないくらい控えめなデザイン。液晶が黒ベースなのが効いているのだと思う。あと、たまたま私の腕にあったのかわからないのだが、つけいてすごく楽で必ずしも軽さだけが重要ではなく、バンドと本体が均等にまとわりつく方が軽く感じる。オフィスカジュアルに合うし、アナログとは違う気分が味わえる。



  • メタルコアバンドは今まで使った腕時計のなかで一番しっくりきます。昔メタルバンドの時計をしていてオートバイで転んで手首にバンドが刺さった経験があり、かなりメタルバンドには抵抗があったのですが、おそるおそる調整してもらい、自分にジャストサイズになったフィット感は通常のゴムバンドタイプとはまた違い癖になりそうです。メタルのバンド、樹脂バンドのいいところ取りという感じでバンドだけ取り寄せて、他のGW-M5600に付けたいところです。

    文字盤が反転しているので少し文字は見づらいのですが、細かく改良されていて、全体の質感、カラーコディネートは最高で、デジタル腕時計の、現時点の頂のひとつだと思います。難点は手に入りにくいところで、気になる方は見つけたらすぐてにいれてください。


10位 : BAMBI ダイヤル式アジャスター KAH001A
BAMBI ¥ 1,050 >>Amazonで詳細を見る

BAMBI ダイヤル式アジャスター KAH001A

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 新しい時計を買ったので、いよいよ本品を試してみました。結論から申しますと、とても便利に使えました。先端が円を描くような感じなのも、位置があってしまえば大丈夫です。そもそもこの作業に、大きな力は必要ないのだと気付かされました(少なくとも今回試したシチズンのベルトについては)。なお私がこの道具をうまく使えた最大の理由は、ここのレビューを事前に読んで、慎重に操作したということかもしれません。

  • 一言にバンド調整と言っても、バンドを留めているピンにはいくつか種類があります。



    5万円以下の時計の多くに使われているピンは針金を折り曲げたヘアピンのような形状で、金属が広がろうとする弾力を利用してコマを固定するタイプのものが多いです。このタイプなら正しい方向からピンを押し込めば余り力を入れなくても容易にピンを抜けるので、このダイヤルアジャスターを使うと簡単です。



    しかし、5万円以上の時計の多くには、金属の棒を小さいリング状の部品に咬ませて固定しているタイプが多く、このタイプのピンだとピンを固定する力が強いのでピン打ち抜き用の工具とハンマーを使ってちょっとづつ慎重に抜いていかないとバンドもピンも破損してしまいかねません。



    まず自分の時計のピンがどのようなタイプの物か確認してから購入したほうがいいと思います。

  • 駒の大きさによって高さを調節出きるので優れものかも?

    中国製のプラスチック煮沸成型なので斑があるかも!

    なので替えピンも買っておくことをお勧めします。



    テクニック技!

    折れたピンを使い、抜いたピンを押し込み使う(鑢で押し込むために折れたピンの面を削る)

    新しいピンと差し替えピンを少し駒に入れ込む

    これでアジャスト完了!


  • 皆様のレビューを読んで迷った末に購入しました。到着、まず空回ししてみる。確かに先が円弧を描いて回ります。どうやらスクリュー部分のガタだ原因らしい。プラだからね。時計のベルトを合わせて先端をあててみる。少しずれているので、高さ調整をする。先端をピンの少しへこんでいるところに導き、入っていることを確認してスクリューを回す。反対側の先端が出始めるのを確認しスクリューを完全に回す。皆さんご指摘のように、頭は出るがちょっと硬い。手で引っ張って引出す。この要領で3個つめたので、6回ピンを抜いて上手くいきました。ピン先を確実に導けばうまくいくと思います。

  • 購入する前は、極端に賛否両論が分かれていたので不安でしたが、使ってみると、ものの20分で作業が終わりました。コツは、高さ調整をしっかりして、針先をピン穴に対してまっすぐ垂直に差し込むことと、差し込む方向を間違えないこと。私の時計には、ベルトに矢印の刻印がしてあったのですぐに方向がわかりましたが、そうでない時計も多いはず。そういう方には、あまりお勧めできません。



>> FC2 Blog Ranking へご協力下さい。

Powered by AWS (Amazon Web Services) and Amazon Associate Program.

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bsia.blog93.fc2.com/tb.php/29305-f9d9b0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。