2008/08/08(金) 10:00頃の Amazon 売れ筋【本】

2008/08/08(金) 10:00頃の Amazon 売れ筋【本】 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]


1位 : 嵐5大ドームツアー写真集「ARASHI IS ALIVE!」(CD付)
嵐, 荒井俊哉 / 集英社 ¥ 2,300 >>Amazonで詳細を見る

嵐5大ドームツアー写真集「ARASHI IS ALIVE!」(CD付)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

なし

2位 : のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)
二ノ宮 知子 / 講談社 ¥ 420 >>Amazonで詳細を見る

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

なし

3位 : フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
寺田 昌嗣 / PHP研究所 ¥ 1,155 >>Amazonで詳細を見る

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 速読本を何冊も読んでも殆ど役に立ちませんでしたが、

    まずは何を目的に読書をするのかをはっきりさせた上で

    「加速する読書」を目指すのではなく「読書法自体をシフトせよ」

    という本書は、他にない真っ当な読書術だと目から鱗でした。

    夢のような速読術に幻想を抱いている人にまず本書を読め、と薦めたいです。


  • ちょっとした待ち時間に携帯を見る人が増えた昨今ですが、1分あればたくさん読めると思うとちょっとした時間も読書がしたくなります。

    斜め読みなどのいい加減な読書でなく、きちんとしたバランスのよい読書技術の本です。是非。

  • 著者は、元高校教諭の熱血先生。なぜか高校教諭時代、速読に出会い、速読の研究に熱中。前からこの先生の動向に注目、期待していました。本書を購入して一気に読みました。期待通り、速読の本流を行く、しかも、日々、進化している、磨き上げた速読技術がちりばめられている。特に読書の陥りやすいワナへの警告。心、技、体からの合理的トレーニングなど。本格的な速読術の本としては、必読の書でしょう。速読界の本道を行く期待の星としてこれからも注目して行きたい。

  • 私の速読法の先生はこの本の著者の寺田さんです。



    3年前に個人レッスンを6回受けて読書スピードが4倍になりました。200ページ程度のビジネス書なら20分~30分で読んでいます。もちろん読む本によってはじっくり味わいますから、緩急自在にスピードを使い分けることが可能になりました。



    今回、おさらいのつもりで寺田さんの速読法の本を読んで、「一冊10分も可能」とありました。この本でもう一段上を目ざしてみたいと思います。

  • 「本は立って読め、さもなくば正座だ!」と書いてあったので思わず電車内で立ち上がってしまいました(笑)



    この本のメインは83ページ以降の体育会系トレーニングですが、個人的にはその前の「理論編」が秀逸だと思います。



    「がんばって読むとわからなくなる」というよく経験する現象のメカニズムや、よい読書とダメな読書の違いなど非常に明快に説明されていて、自分の読書の仕方を見直すのに役立ちます。



    疑似科学っぽい類書とは一線を画す正統派の読書論です。



    速読する気がなくても、読書好きならばこの部分(82ページまで)だけのために一冊買って読む価値があるでしょう。


4位 : O型自分の説明書
Jamais Jamais / 文芸社 ¥ 1,050 >>Amazonで詳細を見る

O型自分の説明書

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 自分の過去の失敗が、そのまま載っているのを発見しては、大笑い。

    また普段お笑いを観るのが趣味なのですが、その好きなジャンルまで当たっていたので驚いたり。

    半信半疑で買ったのに面白いです。これでは本当に外で読めません。 それにしても、他の型のシリーズに比べて食べ物ネタが多いような?

  • 前々から気になっていたこのシリーズ。

    思わず買ってしまいました。

    難しい本と思っていたら全然違いました。

    軽い気持ちで買って、軽い気持ちで読む本です。

  • 本屋で平積みになっているのを見て、自分の血液型なので思わず買ってしまいました。
    この説明書シリーズ、大人気ですね。私は予備知識ナシで読みましたが興味深い内容だなぁと思いました。
    性格判断の本かと思いきや、ちょっと違うのですね。ステレオタイプのO型像を押し付けるような内容ではありません。
    要は(O型らしい思考又は言動を著した)たくさんの項目があって、これは自分に当てはまると思う欄にチェックを付けていくだけ。
    しかし、チェックが付いた項目だけ抜き出せば、簡単な自分の説明書ができるってワケです。
    今度転職する時、レジュメにして履歴書と一緒に出してみたら…。こんなヤツ雇ったら大変だと思われるかも。
    ちなみに私、半分くらいチェックが付きました。それも“それは人としてちょっとどうなの?”という項目ばかり…。面白かったです。
    文章はすごく読みやすいです。占いではないので、当たり外れとか関係なく楽しんで読めば良いと思います。

  • さらっとしていて読みやすい。

    表現が今時の若い人って感じがするが、嫌みはない。

    イラストのタッチや装丁など含め、軽く、力みがないところもよい。

    ところどころで「ガハッ」と笑わされた。

  • 当てはまることもあったり、そうでなかったり。

    俗に言われるO型の性格なら、この本を見ても「ふ~ん」て感じで流してしまえるでしょう。

    そんな浅くないけど重くない感覚の、軽いノリで楽しんで読むのがいいんじゃないでしょうか。

    チェックした項目を見て、自分に納得しましょう。

    それが"O型"というわけでなく、"自分"の説明書の完成なんだと思います。

    挿絵がかわいらしくてちょっと好きになりました。



5位 : 上地雄輔フォト&エッセイ『 上 地 雄 輔 物 語 』
上地 雄輔 / ワニブックス ¥ 1,600 >>Amazonで詳細を見る

上地雄輔フォト&エッセイ『 上 地 雄 輔 物 語 』

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • ちょうどこの本を購入した時、

    自分の事ですごく悩み、落ち込んでいたのですが、

    上地君の言葉にとても勇気づけられ、

    励まされ、涙が止まりませんでした。

    この本は宝物です。

  • 高校時代の話には、感極まりました。

    素晴らしい人との出会いと別れが彼を人間として

    大きく成長させてきたのでしょう。

    文章そのものがとても「おバカ」のものとは思えない

    素晴らしいものです。人間性がにじみ出ているようです。

    今のブレイクがいつまで続くのかは分かりませんが

    この人から受けたすがすがしさや人間らしさ。笑顔と涙。

    その全ては、永遠に私たちの糧になるはずです。

    今日も、笑わせて下さい。

    あなたに負けないくらい、笑顔でいたいから。

  • 「上地雄輔物語」はファンじゃない人でも

    すごく感動するはずです★

    すごく元気・勇気をまらうことができました。

    そして気楽に肩の力を抜いて頑張っていこうって

    思うことが出来ました!!

    人生を変えてくれるって言ってもいいぐらいの本です。

    また上地クンの今までの苦労を知って余計応援したくなりました!!



    この本はすごくオススメです!!!


  • とても素晴らしい内容です! 私は読んでいて思わず泣いてしまいました。 上地さんの小・中・高校時代のお話はとても笑えて、泣けて本当に素晴らしいです。ブログに書かれていたお話も載っていて、とても楽しめました。私はそのなかでも『ありがとう』の話を読んで泣いてしまいました。 上地さんがすべてにこだわって作った本です!絶対おすすめです!!

  • そりゃ人間だから嫌いな人もいるだろう。
    そういう人に対して文句は別に言わない。
    「あなたにとっては」価値が無かったんだろう。

    ただ、自分が嫌いな内容だからって、それが好きな人に対してケチつけるのは如何なものか。
    そんなこと言われる覚えはないし、価値観の押しつけでしかないし。

    なんかレビューになってないかもしれないが、
    とにかく自分は、内容から紙質などなど細部まで拘ったこの作品に対して積極的な評価をしたい。


6位 : 「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
J. K. ローリング / 静山社 ¥ 3,990 >>Amazonで詳細を見る

「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 夜に読んでいて止まらなくなり、

    気がついたら朝になっていました。

    完全徹夜なんて何十年ぶりでした。



    それほど

    夢中にさせる何かが

    この作品にあるのだと思います。



    いろいろな伏線が明らかになったので

    改めてはじめから読み返してみるのも

    楽しそうです。






  • ストーリ的には満足。宿敵同士の対決はぞくぞくしたし、伏線もきちんと回収していて、とても素晴らしいと思う。

    途中で脇役が大量に現実味を欠いたまま死んでしまったからちょっと心配したけれど、最終的には児童書らしいラストだった。子供たちの名前にも感動した。



    問題なのは、訳だ。特に「なぜハリーは再びヴォルデモートの呪いを跳ね返したのか」という、大切なところは文章がこんがらがっていてなかなか理解できなかった。ハリー・ポッターは児童書なのだから大人ではなく、子供たちが多く読むだろう。訳者はもう少し配慮できなかったのかと思う。

  • 今回も一気に読めました。とても面白かったです!ただ私は1巻目から発売毎に一読しただけだったので、脇役の登場人物や出てくる小道具などの記憶が、やや曖昧になっていました(^^;。久しぶりにハリーポッターを読まれる方は、まず過去の作品を読み返されるのもよいかと思います。他の方のレビューにもありますが、訳については難しい問題ですね。原作と日本語の違いで「う~ん・・・?」と首をかしげたくなるところも出てきますが、物語の面白さは十分伝わってくると思います。妙に都合のよい小道具など、人によっては「有り得ない!」と突っ込みたくなる箇所もあるのでしょうが、ハリーポッターの魔法物語自体そういうものだと思うので私は気になりませんでした。登場人物の皆にドラマがあり、人間らしい心の揺れや成長があったり、そういうところがリアルで魅力的なのだと思います。最終巻まで読んで、ネビル、スネイプ、マルフォイ、などこれまでとは印象が変わった登場人物がいて面白かったです。児童書にしてはダークで暴力的な描写が多いのが気になりますが、子供から大人まで、愛・友情・勇気を教えられる、素晴らしい物語だと思います。モヤモヤしていた謎解きがされ、ハッピーなだけではありませんが、気持ちのよいエンディングにも大満足です。

  • 最高の物語です!忘れてしまいそうだった大切なものを、もう一度思い出させてくれる、そんな素敵な物語でした!

    文句なしで星五つじゃ足りないんですが。でも、ちょっと切ないです。僕は、あの人に未来が与えられるよう願っていましたが、やはり逝ってしまいました…悲しかったです。僕にとってはあの人が特別な人物だったのに。

    哀しくも愛しい過去の想い…あの人は安らかに逝けたのでしょうか。今となってはそれが気掛かりです。でも、ハリーはやっぱり優しい人でした。僕もハリーに救われた気がします。

    物語は新しい世代へとバトンタッチされていくのですね。ハリーがそうだったように。あの目とあの名を受け継いだ少年が誰よりも強く、勇敢で優しい男に成長することを信じています。

  • お話としてはまあまあ面白かったけれど、ハリーをどうしても好きになれませんでした。(訳もあるかもしれませんが、作者の扱いのせいだと思います)

    2作目まではまあ楽しめたのですが・・・ 3作目以降どんどん話が暗くなる・ハリーへの贔屓が目立つ・大人があまりに不甲斐ない・後だしじゃんけん的な展開が多い・等で、違和感がどんどん大きくなっていきました。

    今回感動する場面もあったし大団円としてまあよかったけれど、ちょっと長過ぎた感じです。世界的ブームになって、欲が出たんでしょうか。


7位 : DVD付初回限定版 「Kiss×sis」第3巻
講談社 ¥ 3,700 >>Amazonで詳細を見る

DVD付初回限定版 「Kiss×sis」第3巻

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

なし

8位 : an・an (アン・アン) 2008年 8/6号 [雑誌]
マガジンハウス ¥ 450 >>Amazonで詳細を見る

an・an (アン・アン) 2008年 8/6号 [雑誌]

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

なし

9位 : PLUTO 6?鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (6) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹 / 小学館 ¥ 550 >>Amazonで詳細を見る

PLUTO 6?鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (6) (ビッグコミックス)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 人造人間もしくは新造人間として、登場するロボット達を定義して読むと手塚マンガの原作と浦沢マンガの凄さが良く理解できる気がする。原作を知っているけど浦沢マンガの魅せ方が面白いので次巻も当然購入予定です。しかし読んでいると感じる寒々しさが凄すぎる。子供達には理解できないだろうけど。

  • 真剣に根性決めて読みましょう。これは現実です。今こうしている間にも救いようの

    ないバカ(言葉じゃ表現できない蔑みを感じます)がなんの罪もない子供の

    頭の上に爆撃機で爆弾をおとしてます。暖かい家族の暮らしや将来をうばって

    います。爆撃機のボタン一つで。

    オイルの利権争いなのか、選挙対策なのかは知りたくもありません。

    いくらお金をもてば満足なのでしょう?高級料理を山ほどつまれても食べきれない

    のに、それすらわからない低能のごとく、武力制圧を続けています。

    こんな世界でアトムは目覚めることはないのでしょう。

    アトムが目覚めることができる時代がくればいいのになあ。

    読んで、号泣しましょう。




  •  オリジナル版「史上最大のロボット」がアニメ化されたとき、ストーリーを知っている多くの子供たちから「プルートウを殺さないで」と手紙が寄せられたという。今回のリメイクも、ゲジヒトの運命がある程度決まっているだけに、彼の内面が描かれれば描かれるだけつらい。ゲジヒトを殺さないで…と思いながら読む殉職シーンは、悲しかった。

     さまざまなジグソーピースが、一つにまとまりはじめた。

  • 迫真という印象です。文句なしに面白いです。アムステルダムの運河の隆起するカットが不気味で見事だと思います。脳裏に焼きつくような絵が素晴らしいと思います。何本にも弾かれた伏線が、遂に結びつく時、ゲジヒトは最期を迎えます。人間の道具として利用されるロボット達。今の不穏な社会情勢を照らし出しているようにも思えます。

  • 登場人物に肩入れしすぎていたせいか、

    この巻の展開はほんとうにショックで

    (って言っても、手塚作品の方を知ってれば当然の展開なんだけど)

    何度も読み返してしまった…。

    で、読み返せば読み返すほど、

    ささいに思えるエピソードがあまりに切ない。



    1巻の「ノース2号」ときも思ったけど、

    いや、それ以外のロボットたちに対してもだけど、

    「どうにかして彼らの『魂』を救ってあげる事はできないだろうか?」

    と、本気で思っている自分がここにいる。

    …ああ、肩入れしすぎている。



    浦沢作品は『MONSTER』以降からひととおり読んでるけど、

    これは、切なさでいったらずばぬけてる。自分、泣きすぎ。


10位 : To LOVEる-とらぶる 10 (10) (ジャンプコミックス)
矢吹 健太朗, 長谷見 沙貴 / 集英社 ¥ 410 >>Amazonで詳細を見る

To LOVEる-とらぶる 10 (10) (ジャンプコミックス)

amazon.co.jpで買う

カスタマー・レビュー

  • 矢吹先生、長谷見先生、この2人、本当に神だと思います。

    気になる10巻の見所はというと、



     ・リトの気を惹くためにいろいろと手を尽くすララ

     ・前巻から続きリトへの気持ちに悩む春菜

     ・ついに(?)明かされる沙姫と凛&綾の関係

     ・若返ってしまうガスのせいでちっちゃくなってしまった唯(必見!!)

     ・エッチぃ敵の乱入でヤミちゃん大活躍



    などなど。9巻まで読んで『ToLOVEる』が好きだという人にとっては、間違い

    なく満足のいくものになっていると思います。ただエッチなだけではなくて、

    けっこう面白いってところがいいんですよね。

  •  収録内容

    ・トラブル80 恋愛マスター

     またしてもリトに逃げられるララ、そんな恋愛下手のララに理沙と未央が恋愛HOU TO本を渡し・・・

    ・トラブル81 恋愛クイーン!?

     ザスティンに恋焦がれる沙姫、そんな彼女の為に取り巻きの綾と凛はリトを連れ出しザスティンを呼び出すように指示するのだが・・・

    ・トラブル82 変身

     疲労が溜まったリトは保健室で涼子先生から滋養強壮の薬を貰うのだが、その薬の副作用で・・・

    ・トラブル83 恋+スポーツ=!?

     協賛・天条院グループによる彩南高スポーツフェスタ始まる、優勝商品目当てに各自が・・・そして最初の競技おんぶ競争が・・・

    ・トラブル84 体育祭の裏で

     春菜をかばって足をくじいたリト、そんな彼を連れて保健室に向かった春菜は・・・

    ・トラブル85 お遊戯しましょ

     ララを困らせるために通販でモドリスカンクを手に入れたルンだったが、またもや自業自得で自分が子供に・・・更に逃げ出したスカンクにより他の女生徒も・・・

    ・トラブル86 妹よ・・・

     自宅で半裸で過ごす兄にご機嫌ナナメの唯は外出して通行の邪魔になっている不良を注意するのだが・・・そこへ現われたのは・・・

    ・トラブル87 お風呂場戦争1

     金色の闇を狙って二人の賞金稼ぎティーガーとパンターが地球へ・・・そして彼らは無防備になる入浴タイムを狙って・・・

    ・トラブル88 お風呂場戦争2

     ハンターに操られるリト、そしてハンターは狙いをヤミ以外の女の子にも・・・そんな操られるリトにララは・・・

    ・TO LOVEる番外編 爆裂少女マジカルキョーコ炎!!

     トラブル80の中でTVで登場したマジカルキョーコの短編(3P)?



     もはや定番となったHトラブルラブコメの10巻目!(本当に安定したストーリーとなっていますね)

     サービスカットの多かったのはタイトル通りでトラブル87と88のお風呂場戦争(著者らしい綺麗な裸体のサービスカット満載)

     今巻でもう一つの見せ場はトラブル85お遊戯しましょ、ルン、ララ、唯、ヤミ他の子供姿が楽しめます。

  • それだけ、この作品を支持する人が多いって事でしょう。

    今回は、古手川さん、凛、ヤミちゃんが可愛かったなあ。

    もちろん、ララちぃのストーリーもよかったですよ。



    しかし矢吹先生は、可愛い女の子描くのは天才的ですね。

    今回もパンチラ盛りだくさんで良いのですが、

    初期の頃とくらべ、ちとエグすぎな気がします。

    同じパンチラでも、もちっとエグさを抑えて、

    可愛いお色気のパンチラにした方がいいかも。

    そうは言っても、少年から大人まで楽しめる作品には間違いありません。

    なんたって、サブキャラがヒロインの作品が出てもおかしくない位に魅力的。

    女の子の魅力をここまで引き出して描けるのは、もはや神業ですね。

    僕は、いついつまでも、この作品を支持してゆきたいと思います。


  • 単行本恒例B地区修正に関しては、相変わらずGJです。

    思う存分堪能しました、とにかく素晴らしかったです!

    (作者の思い入れ的な意味で)ガードの固かったヤミちゃんも、すっかり『その辺』の常連になってしまって??いや、嬉しい。



    今巻ではリトに対し猪突猛進オンリーだったララが、「ホントにこれでいいのかしら?」的に絡め手に転じる話が興味深かったです。

    当然結果は……に終わるのですが、結果としてその一連の行動の合間にちらりと覗いたララの素の顔に、リトはお約束的にヤラレてしまう、と。

    リトがナンパ男になってしまった時の何気ない一言によりフリーズしてしまったヤミちゃん、リトにより不良から救われ内心まんざらでもなかった古手川さんもそうでしたが、やはり人はサプライズ的に触れてしまった相手の意外な一面にこそ『心揺れる』ものなのですよね。



    今巻も、安心してお勧め出来るクオリティーです。

  • 唯に尽きます(唯ファンとして)

    体育祭や沙姫とザスティンってのもなかなか面白いのですが。



    ルンの持ってきたスカンクのせいで小さくなってしまう唯は可愛らしいです。

    あの唯も無視されて泣いてしまいましたからね。

    そして唯の兄である遊も登場する唯メイン話。

    結局リトに惹かれるわけですが、まぁ、唯がたくさん出てるってことで。



    とにかく唯ファンは勿論沙姫、凛、綾あたりのファンにオススメの巻でしょうかね。



>> FC2 Blog Ranking へご協力下さい。

Powered by AWS (Amazon Web Services) and Amazon Associate Program.

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bsia.blog93.fc2.com/tb.php/29263-ce1e720a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。